2016年05月30日

江東天祖神社

亀戸 江東天祖神社
亀戸3丁目にある江東天祖神社です。
亀戸駅から行くと、亀戸天神社の裏手の住宅街の中にあります。
また、浅草や押上からは浅草通りでアクセスできます。
天祖神社
鳥居をくぐって境内に入ると童子像が何体もあります。






IMG_5486s.jpg
手水

IMG_5484s.jpg
二の鳥居

天祖神社社殿
江東天祖神社は天照大御神を祀る神社です。
創建は推古天皇の時代(592〜628年)で、亀戸、錦糸町、業平周辺の総鎮守とされた神社で、聖徳太子作の像を神像として祀っていたそうです。
1400年もの昔にはあった神社でしたが、その後、戦などがあったのか社殿が崩壊してしまったそうですが、応永10年(1403年) に慈雲山龍眼寺を開山した沙門良博が再建したとの事。(旧別当寺龍眼寺)
天正年間(1573〜1593年)に病が流行した際に、織田信長が使者を遣わせ流鏑馬を行った事から、現在でも流鏑馬の神事を行っているそうです。(馬が走れるスペースが無い為歩射)

狛犬
狛犬

太郎稲荷神社
すぐお隣には樋口一葉の「たけくらべ」にも出てくる太郎稲荷神社があります。

IMG_5510s.jpg
亀戸七福神のひとつ、福禄寿

IMG_5523s.jpg
境内には人懐っこいネコがいました。

江東天祖神社
江東区亀戸3-38-35


にほんブログ村
posted by kame at 16:57| Comment(0) | TrackBack(0) | 神社仏閣 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック